kickstarterで資金集め

Posted By on 1月 30, 2014

・集められたプロジェクトもあれば集められなかったものもある

kickstarterで資金集めをしたいと思ってプロジェクトを公開したものの中には、集められたものもあれば集められなかったものもあるでしょう。これからkickstarterで資金集めをしたいと思った人にとって、どんなプロジェクトなら資金を集めることができて、どのようなプロジェクトなら資金を集めることができないのか、その点を明確にしておきたいと思う人も多いのではないでしょうか。成功したプロジェクトは参考になりますし、失敗したプロジェクトも同様に利用すれば参考にすることは十分に可能です。失敗したプロジェクトと同じようなアイディアを出していたので通らないということを事前に知ることができるからです。
もしもプロジェクトが失敗に終わったのであれば、他のサービスでプロジェクトを掲載してみても良いかもしれません。
アイドル系クラウドファンディングはこちら

・プロジェクトの成功失敗を確認できるサイト

kickstarterで資金集めをして成功したプロジェクト、失敗したプロジェクトを確認することができるサイトがあります。商品に問題があって成功しなかったのか、それともプレゼンそのもの、プロジェクトの企画そのものが悪くて失敗したのか、それを比較して参考にしてみるといいでしょう。成功と失敗を比較してプレゼンを見直すと便利です。

・成功だけ、失敗だけでソートも可能

このサイトは、カテゴリわけはKickstarterと同じなのですが、プロジェクト一覧で成功したものと失敗したものでソート可能です。資金調達ができなかった原因を調べることは自分のプロジェクトやプレゼンの参考にすることができるかもしれません。日本と欧米では違いはあるかもしれませんがとても参考になるでしょう。”

映画

Posted By on 1月 30, 2014

・アカデミー賞を受賞した作品も

kickstarterで出資してもらったお金で製作された映画の中にはアカデミー賞を受賞したものがあります。短編ドキュメンタリー賞を受賞しています。これまでもkickstarterで集めた資金で製作された映画がノミネートをされたということはあったのですが、アカデミー賞を受賞したのは初のことだったようです。日本からの作品も数多く募集が集まり、実際に何本もkickstarter発の映画はあります。しかし賞を取ったというものはまだもちろんありません。インディーズ映画もプロジェクトとして資金を募集しています。

・イノセンテ

受賞した映画の名前は「イノセンテ」です。カリフォルニアに住んでいる15歳のホームレスの少女と、この少女のアーティストに成りたいと思っている夢をおったドキュメンタリー映画です。日本ではイノセンテの描く未来とう名前になっています。住む家がない、9年という長い年月を国境町のサンディエゴの隅で過ごしていた彼女の過酷な生活を描くのですがそんな環境の中でもめげずに夢に向かって羽ばたく姿が描かれています。日本でも全国上映はされていませんが、小さな映画館で上映されています。

・kickstarterで支援を募るまでのこと

イノセンテは、1ヶ月間、kickstarterで支援を募りました。最終的には300人弱の支援者が集まり、500万円相当の出資金が集まりました。そして映画が作られアカデミー賞をノミネートしたのです。それぞれの製作者が本当に作りたいと思っている作品を作れて、本当に伝えたいと思っているメッセージが発信できる、それがkickstarterで映画を製作する魅力です。”

kickstarterのビジネスモデル

Posted By on 1月 30, 2014

・活動資金の調達を支援するサービス

kickstarterのビジネスモデルはクリエイターの活動資金の調達を支援するサービスです。2009年の4月にビジネスは立ち上げられたのですがそれ以来、6万以上のプロジェクトが公表されて、実に220億円の資金を出資者から集めることが実現しました。

・収入源は?手数料?

kickstarterのビジネスモデルを知る上で、収入源の存在が気になります。収入源は資金調達に成功したプロジェクトから、集めた支援金の5パーセントが手数料としてもらえるので、これが収入源です。プロジェクトの期間内に、もし目標額に設定した金額まで支援金が集まらなかった場合には、そこにプールされていたすでに出資してもらっていたお金は全て出資者の元へ戻されますので、それは収益にはつながらないので失敗すれば何も収入はありません。

・手数料は安いのではないか?

手数料5パーセント、これは安いという声が上がっています。日本最大規模のクラウドファウンディングの会社の手数料はkickstarterの手数料の4倍の20パーセントです。クレジットカード決済手数料が含まれて入るのですが、それに比べてもかなり割高な手数料を取っています。こんなビジネスモデルで運営されているのですが、それでも世界で注目されるクラウドファウンディングの大手としてかなりの収益を上げています。割安な手数料にわざと設定して、それで多くの人に利用してもらって、そして巨額の達成額を見込んで手数料もその分高くなりますので、収益に結び付けているのかもしれません。”

kickstarterが人気の理由

Posted By on 1月 30, 2014

・アメリカで大ヒットしたから

kickstarterが人気の理由はひとつにアメリカで大ヒットしたから世界でもヒットしているという理由があります。そしてアメリカは起業大国として知られているので、こうした支援金を募る制度などはアメリカ受けするサービスです。そのためにkickstarterが注目を集め利用者が増えて、その利用額が桁違いになったことで注目を集めたのです。

・ジャンルを問わずに誰でも参加することができる

クラウドファウンディングによっては特定のジャンルに特化しているものもあれば、特定のジャンルしかプロジェクトの好評や参加をすることができないところが多いのですが、kickstarterが人気の理由はジャンルが指定されていないというメリットがあります。ジャンルが指定されていないということは様々なジャンルに支援することができるので出資者としても楽しみながらプロジェクトに参加できるメリットがあります。そしてプロジェクトを公表する側にとっても、ジャンルはフリーですので誰でも参加できるメリットがあります。

・アマゾンが管理している

個人情報やお金に関係することは全てアマゾンが管理しています。アメリカ大手のアマゾン管理ということで安心感や信頼度が違いますから、それもkickstarterが人気の理由の1つとして挙げられるのかもしれません。ちなみに日本にもアマゾンはありますが、日本のアマゾンアカウントとアメリカのアマゾンアカウントは違いますので、その点は利用するにあたっては理解しておいたほうがいいでしょう。”

kickstarterのデメリット

Posted By on 1月 30, 2014

・リスクを伴うこともある

kickstarterのデメリットとして内容、クオリティが期待している水準に達しないこともあります。相手が素人の場合もありますので、内容をよく確認した上で利用しなければ、かなり大きなリスクを伴うこともあります。場合によっては出資したお金をドブに捨てているのと同じくらい損をしてしまうこともあるかもしれません。計画性があるかどうか、達成できるかどうかはきちんと判断した上で自己責任の上で出資しなければいけません。

・長期にわたって達成されないこともある

プロジェクトの遂行が決まっても連絡がなく、長期にわたってプロジェクトが始動しないこともあります。中でもプリント版の出荷は遅滞することもあります。プロジェクトを遂行しているかどうかがわからない、相手との連絡が取れなくなるかもしれないリスクもあります。

・出資しすぎて破産する

kickstarterのデメリットとして、あれもこれもと出資しすぎてしまって、お金を使いすぎたり、読み切れなかったりして破産してしまうこともあります。資金を提供した人には配布されていたとしても正式リリースのめどがまったく立たないなどというプロジェクトもあります。またお金を持ち逃げされて泣き寝入りをするしかなくなったというトラブルなどもありますので、デメリットはかなり大きいでしょう。お金が絡むことだけに、しっかりと理解したうえで自己責任を持ち参加しなければいけません。まだ歴史が浅いサービスであるためにトラブルや詐欺なども多発していますが少しずつ改善の兆しは見えています。”

kickstarterのメリット

Posted By on 1月 30, 2014

・商品化がスムーズ

kickstarterのメリットの1つに大手のメーカーでなければリスクが高くて量産化するのが難しい個人、小規模な団体が考えたアイディアグッズを商品化させられるメリットがあります。それ以外にもそれほど需要がないと判断されてこれまで世の中に出ることができなかったアイディアについても再商品化させることができますし、公演、イベントといった需要が目で見て計りづらい企画についてもマーケティングと事前資金調達を一緒に行うことができるメリットがありますから、リスクを気にせずに活動できるメリットがあります。

・楽しさ、一体感を感じられる

利用する側のkickstarterのメリットとして、色々なグッズ、サービスを選ぶことができるようになりますし、気に入ったプロジェクトにも参加することができるので、楽しい、一体感がある、それから一般販売の値段よりも安い値段で一番にグッズ、サービスが手に入ったり受けることができるメリットもあります。

・誰でも手軽に参加できる

ジャンルがキックスターターは決められていませんので、誰でも手軽に参加することができるメリットがあります。ジャンルが決められているクラウドファウンディングの場合は、その対象が限られていますし、同じジャンルなのでライバルが多く出資してもらえるかどうかがわからなかったのですが、kickstarterのメリットとしてジャンルが決まっていないので、誰でもどんなジャンルであっても手軽にプロジェクトの公開をすることができて出資を募ることができるメリットがあります。”

使い方

Posted By on 1月 30, 2014

・わかりにくいのが難点

kickstarterの使い方は日本語版サイトがないこともあり、とても使いにくくわかりにくいと感じている人派と手も多いですね。まず最初はサイトにいって右の欄に出資レベルがありますので、出資レベルを選びます。アカウントがまだ作れていない人は、アカウントを作ります。アカウントは名前、メールアドレス、パスワード、ニュースレターの必要の有無などを聞かれます。入力した内容でOKだった場合にはSIGN ME UP!をクリックします。次のページはアメリカのアマゾンのページに移ります。カード情報、個人情報はアメリカにあるアマゾンが管理しているのです。アメリカのアマゾンアカウントが必要なのでまだ持っていない人はこちらのアカウントも作成します。日本でのアマゾンアカウントとは別です。

・カード情報などを入力

支援金を支払うのに必要なカード情報などを入力しなければいけません。そしてアカウントを作成して支援する準備が整ったらいよいよプロジェクトを探します。自分が気になると思ったプロジェクトを探すのです。検索窓に気になる言葉のキーワードの単語を入れて検索をすれば出てきます。もちろん英語で入力してください。

・プロジェクトに出資したければ

プロジェクトの内容をよく理解した上で出資するボタンがありますので、そこからいくら出資するのかを入力して出資すればこれで完了です。準備段階がかなり面倒で使い方がわかりにくい人も多いのですが、一度できれば二度目からはスムーズに行うことができるでしょう。”

人気プロジェクト

Posted By on 1月 30, 2014

・今人気のプロジェクトはなに??

kickstarterでい今人気プロジェクトとなっているのは色々とあります。それを知りたい人派インターネットで検索をしてみるといいでしょう。人気プロジェクトが紹介されているサイトがありますので、そのサイトを見れば人気プロジェクトがどんなものなのか知ることができます。たとえばポケットに入るヘリコプター、20万円の光学プリンター、サムライの形をしたリング、600連発できる巨大輪ゴムマシンガンなど本当に様々なプロジェクトが人気を集めています。

・ポケットに入るヘリコプター

kickstarterで人気プロジェクトになっているポケットに入るヘリコプターを紹介します。海外では人気があるラジコンのヘリコプターなのですが、ポケットに入るくらいのサイズのものが出ました。ポケットに入るくらいに折りたたむことができるのが特徴で、なんと3000万円の支援金を獲得しています。

・20万円の光学プリンター

プラスティックを積層することができるタイプをメインにして、低価格化が進んでいる3Dプリンターですが、製品の試作をするには細かい部分がつぶれやすいデメリットがあったのですが、kickstarterの人気プロジェクトの1つ20万円の光学プリンターならその難点をカバーしています。光学3Dプリンターといえば200万円はしていたのに、このプリンターは20万円ととてもリーズナブルな価格であること、破格であることが人気を集めています。目標額をすぐに達成して、4000万円に近い資金を集めているプロジェクトです。”

プロジェクト支援方法

Posted By on 1月 30, 2014

・支援準備について

kickstarter プロジェクト支援方法のまず最初は支援準備からです。支援をする上で必要な準備が2つあります。まずはアカウントを作らなければいけません。キックスターターでのアカウントを作成します。そして支払い方法の準備も必要です。北米アマゾンアカウントの場合にはアメリカドル支援額のプロジェクトを支援する人に必要になります。イギリスポンドで支援する場合には、クレジットカードが必要で、クレジットカードの種類はVISA、マスター、アメリカンエキスプレスとなっています。

・プロジェクトを探す

実際にアカウントができて支援するお金の準備もできたら、気になるプロジェクトを探します。検索窓があるので、サイトの中の検索窓に関連するプロジェクトを探すために英単語を入力しましょう。たとえばカメラマンを支援したいと思ったらcameraと入力するとカメラ関係のプロジェクトが検索結果として出ます。さらにそれぞれのプロジェクトをクリックすれば、そのプロジェクトの詳細を知ることができます。

・気になるプロジェクトを実際に支援する

気になったプロジェクトを実際に支援してみましょう。ページ全てを見て、内容を理解した上で支援する額を決めます。後援額は、ページの右の部分に並んでいます。アメリカからの出典ならドル、イギリスからの出典ならポンドでの表示です。その上で額を決めたらバックディスプロジェクトというボタンがありますので、そちらをクリックすれば実際に支援したことになります。”

kickstarter

Posted By on 1月 30, 2014

・アメリカのクラウドファウンディングサービス

kickstarterとはアメリカで2008年に設立されたクラウドファウンディングサービスのことを言います。クラウドファウンディングの先駆け的な存在として、このサービスを検討している人にとってはkickstarterを知らない人はいないでしょう。

・資金を集めることができる

kickstarterでは、プロジェクトを公表し、一般個人で協賛してくれる人を探して、資金を集めることが可能です。アイディアグッズを商品化させたいとか、マンガを翻訳して各国で発売したいとか、色々なプロジェクトがあって出資者を募集しています。ジャンルは特定のジャンルに限らず、幅広いジャンルでの募集になっているので誰でも色々なジャンルでプロジェクトを公表することができます。

・日本版は?

kickstarterはアメリカのサイトで日本語版のサービスはありません。日本ではほかのクラウドファウンディングのサービスは色々と立ち上がっているのですが、kickstarterは世界各国の人が見ているだけにこちらを利用したいという人も多いでしょう。ソーシャルチッピングといわれているGrow!がクラウドファンディングの種類として言及されるケースが増えているのも日本の特徴です。クラウドファウンディングを語る上でkickstarterが出てこないことはまずないですので、この業界、このサービスの大手、一番の先駆者として存在していることを覚えておいたほうがいいでしょう。ちなみに読み方はキックスターターと読みます。アメリカでは知らない人はいないのではないでしょうか。”

  • Sidebar 3

    Go to Themes >> Widgets >> Sidebar 3 to add the widget of your choice or edit "main_sidebar".php.

"Miscellaneous Information"

Add your custom text here. Maybe a little something about you or your site or your dog or your car or your hobbies or...whatever. You get the picture. :)


About the author